競艇予想の評判と予想する上で意識してきたこと

競艇を初めてまだ年数は浅いですが、少しずつ勝ち方をつかみつつあります。

必勝法をいうものはおそらくありませんが、勝ったり負けたりを繰り返しながら趣味程度に楽しんでいます。

ここでは、競艇を予想する上で意識してきたことを紹介させていただき、競艇予想サイトの評判や口コミなどとも合わせてチェックしていきましょう!

☆推しレーサーを決めよう マイナス収支がつづいてしまう方の傾向として、「A1の選手がインだから、逃げが軸だな」「知らない選手ばかりだけど、とりあえず買ってみよう」が多いと感じます。(お恥ずかしい話、始めた頃の私がまさにそうでした。)もちろん、この買い方をしていても、当たることもあります。

ただし、それは「当てた」のではありません。

「たまたま当たった」に過ぎないのです。

だから、的中が続かない。

結果として、負けが重なり、仮に豆買いだったとしても数千円のマイナス。

枚数が増えればその分負け額もかさみます。

なぜ当たったのか、曖昧なまま、次のレースへ進んでしまうのです。

競艇は6艇で争います。

的中確率は、3連単なら120分の1。

他のギャンブルと比べ高確率といえますが、それでも1%を切っているのです。

上記のような買い方では当たらないことも納得かと思います。

では、どうすればよいのか。

それは、選手に狙いをつけることです。

現在、A1~B2まで、幅広い選手が活躍しています。

出身地、年齢、体重もばらばらです。

そしてなにより、レース中の癖(いわゆる性格がおおきくかかわるところ)も一人一人異なります。

この「選手の癖」を知ることが、競艇を予想する上で大切な要素としてあげられると感じています。

1コース進入からの1着率が非常に高い選手もいれば、むしろ4カドからの展開づくりがうまい選手もいます。

つまり単純に、「A1だからどのコースでもうまい」とは言い切れないところが面白いところです。

ただ、すべての選手の、癖、得意なコース、シチュエーション等々を調べた上で、天候、モーター、ボートも考慮に入れながら、予想を組み立てられるか・・・果てしない情報量です。

これでは、趣味を範疇とはいえません。

では、どうすればよいのでしょうか。

それは、お気に入りの選手を一人、決めることです。

地元の選手でもいいですし、この選手のおかげで大幅プラスになった!など、理由はなんでもよいでしょう。

とにかく、一人の選手のレースを追って、予想をしていくことが大切です。

その選手のレースを何度も見ていく内に、先述した癖が見えてきて、勝ち方や負け方などもわかり始めます。

さらに、様々な場をみることにもなりますので、その場の作り、潮や風の影響といった、いわゆる場の癖もみえてくるという、一石二鳥です。

上記を意識してから、私の収支は安定しました。

それは単に、「的中が増えた」ということだけでなく、以前のような「無駄な賭け金」が減ったということです。

さらに現在では、選手のデータを考慮した上で自分なりの予想を組み立てているため、結果が的中でも不的中でも、新たなデータとして累積されます。

不的中なのに、次のレースにつなげられるという、明白なお土産が残るわけです。

予想上級者の方からすると、まだまな方法ではありますが、競艇をはじめたばかりの方や、これから始めようとする方にとっては、おすすめの方法かと思います。