競艇予想の評判と予想する上で意識してきたこと

初心者が当たる舟券購入のためどういった点に注意すべばいいのか?

ボートレース知識が増えて、当たる確率アップします。

そして、レースの知識増やしてレース展開が見えて、レースの並びから第1マークの展開予想できるようにあんって的中しやすくなるのです。

初心者は知識増やすとき出走表を墨まで見て理解したりモーター状況把握したりレース場特長を覚えたり、風向きなど覚えましょう。

そして、特定ボートレーサーのファンになってください。

ボートレーサーはいろいろな人がいて数か月同じ選手追いかけてレース見てくと性格などわかります。

そして、特定ボートレーサーおってみればボートレース知識増やしやすくなります。

そして一般戦は割と売上少ないのが特徴で、売上上げるのに固いレースを汲みますが、狙いたいレースは侵入固定戦であり、圧倒的に1号艇が有利です。

ですが、これが着外になったら高配当になります。

そして1レースの売り上げ上がるのに固めに設定してるレース場もあり、配当低いでエスが、当たる確率アップします。

そして、ボートレース場後といろいろ特長があり、海、河川を利用して水面、プール、海なら塩分濃度などがあり、レース場によりよく吹く風向きもあります。

そして、レース場ごと形も違いますがから、それぞれ特徴に合わせ予想を考えることになります。

そして、最寄りボートレース場の特長を知って、慣れればほかボートレース場も覚えましょう。

風向きは日により変わり水質は変わらないです。

そして、舟券はたくさん買うと当たりやすいですが的中しても配当金低くマイナスになることも。

買えばいいというわけではなくて、予想ある程度絞る必要が出てきます。

6艇のうちどの選手が必要ないか考えてください。

勝率1点台と明らかに低いセンスなど。

まず必要ないのを省いて予想絞りやすくなるのです。

そして展示レース参考にし省く選手を決めて、スタートタイミング遅い選手で今節スタートよくない選手など、これも予想から省いて絞りやすくなるのです。

そして的中しても結果購入額より少なくなった、これは避けたいもの。

また一般戦で1号艇A旧レーサーなど固めに設定してるレースもあり、こうしたものは1号艇から流していって的中率大きくアップするのです。

また大抵は朝一の1レース、夕方のレースなど固めレースがあります。

すべてのレース場ですべてのレース購入すれば資金いくらあっても足らないですから注意しましょう。